転職で大切なこととその裏話

転職で大切だなど感じることは、次を見つけてから、退職することです。
失業給付をのんびり受けながら探すのは、とても甘い考えです。
特に30歳を過ぎると、正規・不正規に関わらず、まず事務職はなかなか見つからなくなります。
営業なども、よほどの輝かしいキャリアがないと、40代以降は難しいです。
また医療系の資格ある人も、その経歴や職種によりますが50代以降は好条件では見つかりにくいです。

また、求人が減っている時期に転職するのは危険です。
待遇などの条件が悪くても、それでOKせざるを得ないし、一度雇われたらそうそう待遇はよくなりません。
条件の悪さでまた辞めたくなって、負のスパイラルです。
最初が肝心なのです。
でも時期が悪ければ、そうそう、相手に条件提示することはできないと思います。

転職エージェントは、若く専門職の方はひっぱりだこですが、事務職では30歳過ぎたら登録すらなかなかできません。
登録するなら、派遣案件を主に扱う派遣会社に登録さて、正社員への直接雇用の可能性がある案件に応募するしかないです。

なお、転職と言えば思い浮かぶのはハローワークかと思います。
ただ、こちら本当に真剣に人を探してるとは思えないものも多く、おそらくいい人がいたら、程度なのだと思います。
結局、役所であるものの、ハローワークは利用するのにお金がかからないので、良い求人ではないものも多いです。
それから一番の問題は、出来レースがものすごく多いのです。
自分の職場でも、やっています。
コネだけど一応きちんとした形を取りたいのだと思います。ぱっと見た感じであからさまなものもあれば、本当にごく自然なものも多いです。
そういったものに応募して、一生懸命書いた履歴書を送って書類選考で落とされるのは悲しいです。
でも一番ショックなのは、きちんと面接してるところも多いのです。
つまりあらかじめ落とすことが決まってて、(多分もう不採用通知も作成してある)面接にわざわざ呼ぶのです。
今働いていたら、休暇取って、そして交通費かけて…悲しいですよね。
転職エージェントも、ハローワークもあまり使えるものではないのです。
専門職や役職経験者を除いては・・・

それでも何もしないよりはよいので、まずは絶対にやめる前に動くことです。
断られても、あちこちエージェント登録チャレンジしてみる。
履歴書も、日付は除いておいてこつこつ書きためておき、ハローワークでなかなかよさそうなものであれば送ることが大切です。

どうしても耐えられずに辞めた場合、失業給付手続きするのはよいと思いますが、毎日毎日、頑張って仕事を探して応募することです。
失業期間が長くなると、結局失業給付がなくなり、そこであせったり、ブランクができてますます不利になります。

なお、転職ではいっそ求人が多い仕事の資格を取ってしまうこともありです。
介護や看護師(大学等にいくので大変ですが、実際にいます)など・・・
これは大変ですが、でも転職そのものが大変なので、検討の価値があると思います。
早ければ早いほど、よいです。
気づくと年ばかり重ねてて手遅れになりますからね。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です