転職の時は目標を持つことが要

転職をする時は、今までの仕事に嫌気がさした時や人間関係、家の都合やもっとやりたい事があるなどいろいろあると思いますが、辞めてしまう前に具体的な目標を持って辞めるのが良いと思います。

そんなことを考えている間にも状況がひっ迫している場合もありますが、具体的な夢や目標を持ってから転職活動をしていると、無職であることを忘れるくらい気持ちが弾みます。

目標に向かって仕事探しをしたり、必要なスキルを転職活動の合間に身に付けたりするのは、自分ができる人間になったみたいで自信もつくし明るくなる。

今まで転職することに悩んでいたのがウソのように毎日が楽しくなります。

仕事を辞める前で嫌気がさしている仕事をしている時も、目標に向かって何をするか考えていると我慢ができたりします。

そのまま転職をするなと言っているわけではありません。

ただ、目標に向かって何かをするための資金(貯金)ができるまで数か月は我慢をして、余裕をもって転職活動をするのが望ましいと思います。

たとえば目標が何かの資格を取得することだとします。

その資格が取得できてから転職先を探すという意味ではありません。

その資格に合った職場へ転職すればいいのです。

俄然やる気が出て、絶対にその会社へ就職したいと思うようになりますし、面接時の自己PRでも熱のこもった志望理由が言えるので、よっぽどミスをしない限り不採用になることはないと思います。

資格取得まえで就職先が限られてしまう場合もありますが、次は長く働ける職場を自分が見定めていると思って大きく構えていればいいのです。

そのうちに資格取得の方も進んでいきある程度知識がついてくると、また違う転職先が浮かんできます。

自分で探すのが大変なら、ハローワークや転職を専門に扱っている会社でも親切に希望の仕事を探してくれます。

そのためにも、転職をしたいと思ったら、まずは目標を見つけて仕事を続けながら必要な資金(貯金)をため、仕事を辞めると同時(または有給消化などに入ったら)に目標にしていたことを始める。

目標に向かっている間に、自分に合ったやりたい仕事(転職先)を見つける。

転職時の要は、次の目標があるかどうかだと思います。

医師 転職 産業医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です